カテゴリー別アーカイブ: 赤の流儀

「あるさまざまな思い」

「あるさまざまな思い」  スタジアムにいて、彼は、今のは拍手でいいんだろうか、と思うことがある。  赤いユニフォームを身にまとった選手が、自分たちの仲間であり、サポートすべき対象であるという思いは、自分自身の中心をなすも … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「9年目」

「9年目」  浦和レッズが地域貢献として行っているサッカーの普及活動。それを担っているのが、浦和レッズハートフルクラブだ。  ただし、ハートフルクラブは、単なるサッカーの普及グループではない。  落合弘という希有の人材の … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「恋人」

「恋人」  彼に話を聞いたとき、レッズへの深い愛情と思いが、その言葉から感じられる人だと思った。  しかし、2011年、そんな彼の気持ちは大きく揺らいでいた。最後のところで、クラブはわかってくれているんだろう、彼はそう思 … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「レッズ談義」

「レッズ談義」  「勝って欲しいというのはもちろんです。楽しいのもすごく大事なんですけど、勝ちがないと良い方向に進んでいかないですし。かといって、06年のようなサッカー・・・」  少し間を開けて、彼はこう話した。  「で … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「生きがい」

「生きがい」    「だいたい車で5、6時間くらいで、たいていは自分が運転しています。こっちに合流する人がいて、いつも3人で見ている、という感じなんですけど」  32歳の瀬川純太は、岩手県北上市から年に10回ほど、そうや … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「心のクラブに・・・」

「心のクラブに・・・」  心のクラブか、と問われたとしたら、「そうではない」と答えるだろう。  彼が務めている会社は、浦和レッズに間接的に関わる仕事を請け負っている。  今年で32歳になる彼は、その会社に就職して4年目を … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「“サラリーマン”」

「“サラリーマン”」  MDPを発行するのには、発行元のレッズはもちろん、取材・編集を担当する弊社と、デザイン担当の株式会社ミネルバ、そして、印刷を担当する株式会社リョーインの3社が携わっている。  43歳の藤田茂は、そ … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「18歳の“作法”」

『18歳の“作法”』  Jリーグが開幕して、今年で20年になる。それは、プロサッカークラブとして浦和レッズが歩んできた月日ともほぼ重なる数字だ。欧州のリーグ、クラブからすれば、まだわずかと言えるものかもしれないが、10年 … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「平日、会社に行くように・・・」

   『平日、会社に行くように・・・』      2011年10月中旬、浦和レッズは、J1リーグ第29節大宮アルディージャとの大一番を控えていた。  レッズは残留争いのまっただ中にいた。リーグでは8月20日のヴァンフォー … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。

「まえがき」

   『まえがき』  本日から『赤の流儀』という連載をスタートさせていただくことになりました。  浦和レッズのファン・サポーター、そして、その周辺で働く人々などに話を聞き、そこにある“赤”にまつわる思いや物語を伝えていき … 続きを読む

カテゴリー: 赤の流儀 | コメントは受け付けていません。