「たまには」

サッカーノート vol.32 「たまには」 

 たまには、自分がよく取材しているチームのことを書きたいと思います。

 今季のレッズのトップチームを取材していて、面白い、と感じることが多いのですが、それは何も結果が出ているから、ということではありません。

 ミシャさんの提示しているサッカーが、非常に「サッカー」というものを考える上で、いろいろと示唆してくれている点が多いからということなんです。

 で、興味深いことの一つが、相手がどのように対応してきて、それをどうレッズが突破していうかというところです。

 今季のレッズは、ボールを持ったときには、選手の配置が「1-4-1-5」のような形になります。

 で、このときにポイントになるのが、DFライン中央の2枚(阿部選手と永田選手)と中盤の「1」の選手(啓太選手)が作るトライアングル。ここにどのように相手が対応してくるか、そして、それと連動して、レッズの1トップ2シャドーに相手がどう対応しているか、という点です。

 たとえば、22節の鹿島戦を例にすると、2シャドーと1トップの3枚に対して、鹿島はセンターバック2枚とボランチ2枚で対応しています。*上図の白い楕円の枠

 で、レッズは、攻撃時に深さを確保しているため、当然ボランチの前のスペースはあきます。

 DFラインに目を移すと、センターバック2枚と中盤の1枚で、相手の2トップに対して数的優位を確保しています。
 *黄色い楕円の枠

 ちなみに、レッズのサイドバックには鹿島のサイドハーフ、ウイングにはサイドバックとマッチアップし、こう着している状態です。*青い楕円の枠

 で、鹿島の興梠選手と大迫選手はプレッシャーをセンターバックに掛けにいっていたので、こちらは啓太選手があき、ボールが通る。ターンして前を向くと、前出のとおり、シャドーがボランチを引きつけているため、スペースがあり、前向きフリーの状態になれます。

 この状態を作ると、当然、相手DFラインは、中央を一気に破られたくはないので、絞りますね。こんな感じです。

 で、図のようにサイドがあくし、もしボランチが引き出されるなら、コンビネーションで中央突破もできます。

 宇賀神選手の先制のシーンは、サイドがあいたので、右ウイングの平川選手に啓太選手がボールを入れ、相手ゴールに迫るところから生まれました。

 で、前半28分という早い段階で、大迫選手を下げ、ジョルジーニョ監督は、遠藤選手を投入します。このとき、1トップに興梠選手、レナト選手をトップ下、遠藤選手は右サイドハーフという形で、布陣を「1-4-4-2」から「1-4-2-3-1」へと変更します。鹿島はレナト選手が、啓太選手につくという形で守備を修正しました。啓太選手から危険なパスをたびたび入れられていたので、そこを起点と見て潰そうという狙いだと思います。

 ただ、やはり、このエリアでの数的な状況は変わっていません。2トップだった2枚が縦関係になっただけで、レッズのセンターバック2枚と中盤の1枚の3枚との関係は、数的不利のまま。1トップ脇にはスペースがあります。こんな感じ。

 レッズはここから永田選手の持ち運びが有効に機能し始めます。

 このとき、下図にあるようにレナト選手の反応を見て、啓太選手がスペースメーキングをしていたことも見逃せません。

 啓太選手がレナト選手を引きつけることで、もともとあったボランチ前のスペースへ、永田選手が持ち運べるルート、スペースを作っていたんですね。

 こうして前半、前向きフリーの選手を作られ続けた鹿島は、どうしても後手に回ってしまい、レッズは圧倒的な内容で2-0とすることができました。

 ミシャさんのサッカーは、1トップ2シャドーの局面と、センターバック2枚と中盤の1枚の関係。

 布陣を前後左右に広げ、サイドの局面を1対1でマッチアップさせて、中央の局面を極端に際立たせる、という点が特徴的です。

 このミシャさんの原則を知っていると、相手の守備の状態によって、選手たちがどう対応して、それを破っていくかという点が、より見えてくると思うので、また違ったサッカーの楽しさが見えてくると思います。

 で、こうした試合を見ていると、サッカーは、相手の反応を見て、いかに対応していくかという点が非常に大切だと考えられます。相手ありきの視点ですね。

 また、相手が形成する守備ラインをいかに越えていくか、というところが非常に重要な要素、ということが言えると思います。だから、縦パスが重要だと言われているのだと考えます。

 ただし、ミシャさんが作り出したいこの状況は、あくまでボールを保持することができないと成り立たちません。

 守備から攻撃にシフトする際、深さと幅を確保するには、やはりそれ相応の時間が必要だからです。

 で、ボールを保持できないと、やはり今季の試合でよく見られる、守備に回る時間が多くなり、押し込まれるような展開になるという感じです。

 じゃあ、ボールを保持するために必要な要素って何だろう、ということで、今後、考えてみたいと思います。

 で、最後に明日のダービーについて。いろいろな意味で楽しみなのですが、大宮がどう対応してくるのか、その視点においても、非常に楽しみにしています。

サッカーノート vol.32 「たまには」 <了>
□ご意見、ご感想をお送りください。 こちらまで。

カテゴリー: サッカー   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。