「いまさらですが」

サッカーノート vol.30 「いまさらですが」

 以前から、試合を見る中で意識しているのは、いかに前向きフリーの選手を作っているか、ということでした。さらに、現代サッカーでは、そうした状況が作られるシーンは、守備戦術が高度になってきていることなどから少ないし、時間的にも非常に短いので、そのときに、受け手の選手たちがどういう動きをしているか、というのも意識して見ています。 続きを読む

 
カテゴリー: サッカー | タグ: , | コメントは受け付けていません。

「あらためて考える」

サッカーノート vol.29 「あらためて考える」

 よくわかっているようで、わかっていないこと。

 考えられているようで、考えられていないこと。

 そもそも、世の中で、それは当たり前ということになっていて、考えてみようとも思わなかったこと。

 そういうことって結構あるんだな、と、最近痛感しています。 続きを読む

 
カテゴリー: サッカー | タグ: | コメントは受け付けていません。

「自由」

サッカーノート vol.28 「自由」

 先日、脳科学の本を読んでいて興味深いことがあったとvol.21で書きましたが、そのほかにも面白い話がたくさんありました。

 今回は、その中で『単純な脳、複雑な「私」』に載っていた話をしたいんですが、「自由」というものに関する考察がありました。 

 どんなことが言われていたかというと、 続きを読む

 
カテゴリー: サッカー | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

「常識を疑う」

サッカーノート vol.27 「常識を疑う」

 先日、ある試合を見ているときに、こんなシーンがありました。

 相手がトラップミスをして、ボールがタッチライン際にいたDFのところにこぼれてきたんですね。場所は、自陣のやや深い位置でした。トラップミスをした選手か、近くにいたその味方の選手がすぐに守備へと切り替えてボールへのアプローチを始めたので、DFは触らずに流して、ボールはタッチラインを割り、自チームのスローインにしていました。 続きを読む

 
カテゴリー: サッカー | タグ: , | コメントは受け付けていません。